PREV | PAGE-SELECT | NEXT

(57)2000年 17回ウェイト制・32回全日本

1.2000(平成12)年4月9日、内山武盛が宮崎県支部長に就任しました。

2.6月17・18日、大阪府立体育会館で第17回全日本ウェイト制大会が開催されました。  ベスト8以上に勝ち上がった城西関連の選手を紹介します。

(1)軽量級
①準優勝・尾崎亮(城西世田谷東)・・・1回戦・シード、2回戦・3回戦・延長1回判定勝ち、4回戦・5回戦・準々決勝(西村和晃選手)・準決勝(八木沼)・本戦判定勝ち、決勝(田ヶ原正文選手)・本戦判定負け。

②第3位・野加久詞(城西国分寺)・・・1回戦シード、2回戦・3回戦・4回戦・5回戦・準々決勝(福田高広選手)・本戦判定勝ち、準決勝(田ヶ原選手)・本戦判定負け、3位決定戦(八木沼)・本戦判定勝ち。

③第4位・八木沼史朗(城西世田谷東)・・・1回戦シード、2回戦・3回戦・4回戦・5回戦(リュージ・イソベ選手)・準々決勝(安田幸治選手)・本戦判定勝ち、準決勝(尾崎)・3位決定戦(野加)・本戦判定負け。

④ベスト8・伊藤貴博(城西世田谷東)・・・1回戦シード、2回戦・本戦判定勝ち、3回戦・上段廻し蹴り一本勝ち、4回戦・本戦判定勝ち、5回戦・中段廻し蹴り技有り判定勝ち、準々決勝(田ヶ原選手)・本戦判定負け。

(2)中量級
①第3位・池田祥規(東京城西)・・・1回戦シード、2回戦・3回戦・4回戦・準々決勝(大谷善次)・本戦判定勝ち、準決勝(木立裕之選手)・延長2回判定負け、3位決定戦(金森俊宏選手)・上段廻し蹴り一本勝ち。

②ベスト8・大谷善次(城西国分寺)・・・1回戦・延長1回判定勝ち、2回戦・下段廻し蹴り技有り判定勝ち、3回戦・本戦判定勝ち、4回戦・延長1回判定勝ち、準々決勝(池田)・本戦判定負け。

(3)軽重量級
①優勝・田中健太郎(横浜港南)・・・1回戦・下突き合わせ一本勝ち、2回戦・3回戦・準々決勝(瀬戸哲男選手)・本戦判定勝ち、準決勝(菅野哲也選手)・下段廻し蹴り技有り判定勝ち、決勝(住谷統選手)・本戦判定勝ち。

②第4位・御子柴直司(横浜東)・・・1回戦・本戦判定勝ち、2回戦・3回戦・延長1回判定勝ち、準々決勝(辻本諭選手)・本戦判定勝ち、準決勝(住谷選手)・3位決定戦(菅野選手)・本戦判定負け。

③ベスト8・成田武治(横浜桜木町道場)・・・1回戦・2回戦・3回戦・本戦判定勝ち、準々決勝(菅野選手)・本戦判定負け。

(4)重量級
①優勝・近藤博和(城西世田谷東)・・・1回戦シード、2回戦・下段廻し蹴り技有り判定勝ち、準々決勝(小野瀬寧選手)・準決勝(市川雅也選手)・決勝(徳元秀樹)・本戦判定勝ち。

②準優勝・徳元秀樹(横浜港南)・・・1回戦シード、2回戦・本戦判定勝ち、準々決勝(渡部篤選手)・中段廻し蹴り技有り判定勝ち、準決勝(樋口恵士選手)・延長1回判定勝ち、決勝(近藤)・本戦判定負け。

3.11月4・5日、東京体育館で第32回全日本大会が開催されました。  城西関連の入賞者を紹介します。

①第3位・市村直樹(城西下北沢)・・・1回戦・2回戦・3回戦・本戦判定勝ち、4回戦(入澤群選手)・延長1回判定勝ち、準々決勝(幸龍敬選手)・本戦判定勝ち、準決勝(木村靖彦選手)・本戦判定負け、3位決定戦(木立裕之選手)・下段廻し蹴りと中段突きの合わせ一本勝ち。

②第7位・田中健太郎(横浜港南)・・・1回戦・2回戦・3回戦・4回戦・本戦判定勝ち、準々決勝(木山仁選手)本戦判定負け。

4.12月20日、新宿道場を開設します。  道場開き・初稽古には松井館長を始め、城西OBの支部長が多数参加してくれました。  その後、羽田シゲルのお兄さんが店長を務める中華料理店で忘年会を行ないました。

五連休の後、二日仕事しただけで、また二連休です。  よい週末を。


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT