PREV | PAGE-SELECT | NEXT

岡本綾子さん『的を得た一言』

今朝の日経新聞『交遊抄』はルネサンステクノロジソフトボール部監督の宇津木麗華(うつぎ・れいか)さんが書かれています。  『的を得た一言』というタイトルでプロゴルファーの岡本綾子さんについて取り上げています。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(岡本さんは)センスのいい人で、スイングそのまま、無駄なことを一切そぎ落とし、難しいことをシンプルにして勘所(かんどころ・・・物事の重要な部分)をつかんでしまう。

②私は練習に打ち込み過ぎて視野が狭くなるきらいがあったが、ある日、岡本さんは私を焼鳥屋に連れて行き「これを食べれば打てる」となじみのないスズメを注文。  言われるまま食べると翌日、本塁打が出た。

③「ある一定のレベルに達したら、やみくもに練習してもだめ。  視点や気分を変えることが大事なの」

④弟子の服部真夕選手へのアドバイスも常にワンポイント。  それで服部選手のプレーがガラリと変わる。

⑤的を得た一言の重要さを痛感する毎日だ。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT