PREV | PAGE-SELECT | NEXT

藤尾秀昭さん『言葉』

『小さな経営論』(藤尾秀昭著 致知出版社刊)から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人は一生のうち、どのくらいの言葉に出会うのでしょうか。  おそらく、無数、無限の言葉と出会うのだと思います。

②その無数、無限の言葉と出会う中で、あるとき、ストーンと心に落ちる言葉がある。  心の土壌に言葉の種がうまく合致したとき、その言葉はその人の心の中で大きく育ち、その人の運命をも形づくっていくものとなる。

③どうも言葉とはそういうもののようです。

④みなさん、言葉というのは聞くだけでは駄目なんです。  自分の心の中にストーンと入るかどうかなんです。  心の中にストーンと言葉が入ったとき、その言葉はその人を生かしていくエネルギーのもとになるんですね。』

今日も、昨日に続いて「言葉」についての話でした。  ブログを通して、皆さんの心の中にストーンと入る言葉を一つでも紹介できれば幸せです(笑)。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT