PREV | PAGE-SELECT | NEXT

邱永漢先生『貴人を探せ』

作家・経済評論家の邱永漢(きゅう・えいかん)先生のサイト『もしもしQさんQさんよ』の7月25日(土)のタイトルは『先ず自分の貴人になる人を探せ』でした。  今年の1月21日のブログでも『邱永漢先生「貴人に会う」』というタイトルで紹介しましたが、今回も番号を付けて紹介します。

『①人が出世をするためには自分の能力を磨くことも大切ですが、恐らく一番大切なことは自分より上の人に認められることです。  出世の手引きをしてくれる人がいなければ、どんなに能力のある人でも出世のきっかけをつかまえることができません。

②そういうきっかけをつくってくれる人のことを中国では「貴人」と呼んでいます。  占いなどで「あなたはいついつどこで貴人に出会いますよ」と言われることがありますが、それをきくと中国人はとびあがって喜びます。  出世のきっかけがつかまったぞと宣言されたようなものです。  

③占い師はそれを開運と呼びますが、私は貴人に出会うまでジッと待っているよりも、「貴人は自分の努力によって探せ」と言っています。  先ず自分のやりたいことを決めてそのために役立つ人を探し、その人に認めてもらうように積極的に行動するのです。

④そのためには自分がかねてから尊敬している人の伝記を読むことです。  その人がどういうきっかけで好運にめぐりあったか、その時どういう対応をしたかを知ったらその真似をすることです。

⑤好運は天井からおちてくることは先ずありません。  偶然にめぐりあうことがあっても、その時、チャンスをつかむことのできる人は常々そのチャンスを狙っていた人に限ります。  

⑥ですから天井からおちてくるのを待つより自分で狙いを定めて自分の方から行動を起すことです。  どういうことがきっかけになって自分の尊敬している人に認められるかは人によって違います。

⑦しかし、そのために努力する時間は私に言わせると「プラスの時間」です。  人は自分にプラスすることは何かとふだんから考えて、そのために持ち時間の多くを使う努力をすることです。  

⑧一旦、そのコツを覚えたら、人はマイナス時間を減らしてプラス時間をふやすようになります。  早起きは三文の得にしかなりませんが、プラス時間の活用は一生の得につながります。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT