PREV | PAGE-SELECT | NEXT

(71)城西40周年に向けて

①昨年(2008年)の3月11日に『城西30周年』というカテゴリーのブログを書き始めました。  第40回全日本大会の翌日(11月3日)に『城西支部設立30周年記念パーティー』が開かれることになっていたので、それまでに完結するつもりでした。  ところが、思った以上に書き残しておきたいことが多く、30回程度で終わるはずが、結果として70回のシリーズになりました。

②極真会館の歴史の一部を城西関連のニュースを中心に書いたため、若干片寄った記述になったようにも思います。  また、30年も前のことから書き始めたので、記憶違いもあるはずです。  ただ、過去のウェイト制大会・全日本大会の結果については『ワールド空手』の福島知好編集長から資料を送っていただいたので、正確な情報を残すことができました。  感謝しています。

③『ワールド空手』2000年11月号の作家・大下英治先生の取材記事に私の次のような発言が載っています。

『ボクシングは100年以上の歴史の中でアートになっている。  シュガー・レイ・ロビンソン、モハメッド・アリ、シュガー・レイ・レナード、ロイ・ジョーンズなどの芸術的なチャンピオンを生み出してきている。  極真空手も全日本大会が今年で32回となり、その基礎の段階は経た。  ボクシングのようにアートの域にいけると思う。  (中略)  打たれない。  怪我をしない。  体が小さくても勝てる。  そういう世界チャンピオンをつくりたい。』

その思いは今も変わりません。

④連載を終了するに当たり、先週・今週とうれしい出来事がありました。  第4回世界ウェイト制大会で鈴木雄三・森善十朗・田中健太郎と3人の世界チャンピオンが生まれたことと、昨日の第45回総選挙で川島智太郎が衆議院議員に選ばれたことです。  

⑤もしかすると、城西支部長として31年間過ごしてきたごほうびを神様がくれたのかも知れません。  次は『城西40周年』に向けて精進したいと思います。  今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT