PREV | PAGE-SELECT | NEXT

邱永漢先生の 『 人生の転機 』

1. 昨日会った友人から、先週のブログで紹介した邱永漢先生の 『 ピンチの法則 』 が面白かったと言われたので、調子に乗って  ( 笑 ) 第2弾です。
 
2. 邱先生が読者の質問に答える形式のサイト 『 ハイハイQさんQさんデス 』 の05年2月28日に掲載されたものです。

3. 質問は 『 先生は人生の中で、どのようなことで転機がきたことをお感じになりましたか?  

 また、そのようなときには、どのような行動をなさってましたか? 』

4. 邱先生の回答です。

 『 世の中には仕事のサイクルもあれば、運不運のサイクルもあると思います。

 「 災いはシングルだけでやってこない。  必ず仲間をたくさん連れドッと押しかけてくる。 」 と言いますから、苦労して仕事をやって、うまくいくということは先ずないんです。

 必ずピンチにぶつかります。  そこで弱気になったり挫けたりしてしまったんじゃダメなんです。  壁にぶつかったところから人生は始まると私は思っております。

 仕事はうまく行きはじめると、ほかの仕事もまたうまく行くようになります。  

 反対に一度ケチがつくと、今度はどっちを向いてもダメ、というようなことが必ずおこります。

 ですから、そういう目にあうことを恐れていても仕方がありません。  具合の悪いときは歯を食いしばって耐えて仕事をやる必要があります。

 反対にうまく行くようになったからと言って、急に自分が偉くなったとか、自分に才能があるとか、そういう気持ちになってはいけません。  そういうときはなるべく、得意になりたい気持ちを抑えることが必要だと思います。 』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT