PREV | PAGE-SELECT | NEXT

武宮正樹さん『結果は考えない』

囲碁棋士・武宮正樹九段が書かれた『一生懸命ふまじめ』(毎日コミュニケーション刊)を読みました。  『私は「結果」は考えない』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①アマチュアの方は、とかく「目の前の敵に勝ちたい」という思いが強すぎるものです。  勝ちさえすれば、どんな勝ち方でもかまわず、まだ碁を覚えて間もない人は、「相手が間違えてくれないかな」などと考えることもあるかもしれません。  (中略)  そんなことまでして勝っても、どんな良いことがあるでしょうか。  自分の将来のために、何のプラスにもならないことです。  (中略)

②「良い手を打ちたい」。  「良い碁を打ちたい」。  これが、多くのプロ棋士が共通して持っている、一番強い思いでしょう。  その結果、勝てれば嬉しいと思うのです。

③「良い碁を打てば必ず結果はついてくる」という信念を持っているともいえるでしょう。  公平に真理を裁いてくれる碁の神様を信じているわけです。

④私の場合は、極論すれば、「良い手を打ちたい」ということでもありません。  (中略)  私は、碁の変化は無限であり、「結果」など誰にもわからないと思う。

⑤だから、変化に任せていくしかなく、「次はこうだ」と感じたら素直にそこに打つのがよいと思っています。  先を読んでいるうちはまだまだで、見た瞬間に「ここしかない」という直感がひらめき、パッと次の手を打てるようでなければ本物ではなかろう、と思うのです。

⑥これは、悟りの境地で、ほとんど不可能に近い理想。  でも、その境地に達することができたら素晴らしいし、そうなりたいと思っているわけです。』  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT