PREV | PAGE-SELECT | NEXT

石川遼選手『入れてこいっ』

1.今朝の朝日新聞に今年18歳で男子ゴルフ最年少賞金王となった石川遼選手の特集が組まれていました。  畑中謙一郎記者が書かれた『心の中で「入れてこいっ」』という文章から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①今季の「石川語録」の中で特に印象に残る一言がある。  「ブレンダンのパットを見ながら、心の中で『入れてこいっ』と叫んでいました」

②今季2勝目を飾ったサン・クロレラ・クラシックの記者会見。  18番グリーンで、同じ16アンダーで並んだブレンダン・ジョーンズ(豪)のバーディー・パットを待つ間の心境を振り返ったのだ。

③普通の選手なら「外れろ」と思うもの。  だが、相手に入れられると、途端に追いつめられた心境となる。

④だが、石川は「入れてこいっ」とつぶやくことで、最悪の状況をあらかじめ想定していた。  同時に、バーディーを奪われても、「僕も入れ返してやる」と無意識のうちに戦闘態勢を整えていたのだ。

⑤ジョーンズのパットは外れた。  石川は浮き足立つことなく、難解なラインを読み切り、2.5メートルのバーディー・パットを沈めた。  (中略)

⑥「こりゃあ、他の選手は追いつけなくなるぞ。  遼は賞金王をとっちまうかも知れない」。  観戦していた青木功プロのつぶやきは4カ月後、現実となった。』

2.①この試合は私もテレビで観ていました。  17番ホールでブレンダン・ジョーンズ選手がバーディー・パットを外した瞬間、それを見ていたギャラリーの一人が拍手をするという場面がありました。

②勝利者インタビューで石川選手が「BJ(ビージェー)がいなかったら、ボクはこんなにいいゴルフはできなかった。  ブレンダン・ジョーンズは素晴らしい選手でした」と涙で言葉に詰まりながら話していたのが印象的でした。

全日本大会・審査会・関東大会と3週続きでイベントがありましたが、明日・明後日はゆっくり過ごせそうです。  よい週末を!


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT