PREV | PAGE-SELECT | NEXT

稲荷寿司  ( 写真付き )

1. ブデチゲ食べるのをやめました。 深夜にブデチゲ食べると、どうしても1~2キロ太るんです。

 弟子の智ちゃん ( 川島智太郎 ) にも勧めたところ、 「 ブデチゲを食べるようになって体重が4キロ増えました。 」 とのことでした。

2. ブデチゲの代わりにはまっているのが 『 稲荷寿司(いなりずし) 』 と 『 揚州商人 』 の 『 牛肉の新味醤油ラーメン 』 です。

3. 子どものころ、運動会などのお弁当は、お稲荷さん ( 稲荷寿司 ) と干瓢(かんぴょう)巻きが定番でした。  

 私が行く何軒かの寿司屋には、干瓢巻きはあるんですが、お稲荷さんはありません。  ところが、2ヶ月ほど前にたまたま入った 『 山新 』 という寿司屋のカウンターに、お稲荷さんが置かれていたのです。

4. ウィキペディアで 『 稲荷寿司 』 を検索してみました。 

 『 狐 ( 稲荷神の神使 ) の好物が油揚げであるという言い伝えからその名がつき、最も安い寿司として天保の末期には江戸や名古屋で食べられていたと考えられている。 』

 天保時代は1830~1844年です。  170年ほど前から、江戸っ子は 『 お稲荷さん 』 を食べているんですね。

5. 先日、内弟子の松ちゃん ( 松田 ) と一緒に、 『 山新 』 に行ったら、お稲荷さんがありませんでした。  先に来たお客さんが食べて、残りもお土産に持って帰ったのだそうです。

 『 クソ~。 わざわざお稲荷さんを食べに来たのに。 』

6. 最近は、電話でお稲荷さんがあるかどうか確認してから行くようにしています。  相当変わった客だと思われてるでしょうね ( 笑 ) 。

 ちなみに、松ちゃんはお稲荷さんを食べません ( 笑 ) 。

 早いもので、来週末は世界大会です。  よい週末を。

20071109110103.jpg

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT