PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上島竜兵さん『人生他力本願』

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが書かれた『人生他力本願』(河出書房新社)を読みました。  『人との巡り合わせを信じ込もう』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①志村(けん)さんが前に言っていたけど、「俺は意外と人を切るんだよね」って言うの。  それはね、別に冷酷な人とかそういう意味じゃなくてね。  「コイツとつき合っててもいいことがないな、違う方向に行っちゃうなと思うと、そいつとはつき合わない方がいいと思って距離を置くから」って。

②その逆もあるでしょ。  「コイツとつき合うようになってからなんか上手くいくよな」って出会いが。  志村さんが酔っぱらって俺に言ったことがあるけど、「おれは竜ちゃんとつき合ってから良くなった」って。

③そう言われたらうれしいよね。  まあ、「俺の方はそんなに良くもなってないな」と思うんだけど。   ・・・・・・いやいや、それはウソですよ!  今のは冗談だから。  俺も志村さんとつき合ってから良くなったと思うんですよ。  いやホントに。

④俺はやっぱり(ビート)たけしさんとの出会いが本当に大きかったのね。  たけしさんのおかげでダチョウ倶楽部も人気が出たっていうのがあるからね。

⑤そういえば、メンバーともそうだしね。  リーダーにしろ、寺門(ジモン)にしろ、あの2人だからダチョウ倶楽部は今までやってこれたんだと思うしね。

⑥竜兵会のメンバーもそうだと思うよね。  劇団ひとりもそうだし、デンジャラスも土田(晃之)も有吉(弘行)も。  みんな売れちゃったもんね。  それはみんな、もともと力があったからだけど、竜兵会でみんなが出会ったっていうのも大きいと思うんですよ。  それは俺にとってもプラスなことだし。

⑦冷たいようだけど、ときにはその人とつき合わないようにするってこともしないといけないときもあるんですよ。  世の中うまくいくのもいかないのも人間関係だから。  人の巡り合わせって本当に大切にしないといけないと思うよね。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT