PREV | PAGE-SELECT | NEXT

安岡正篤先生『聞き上手の活学』

1.『安岡正篤一日一言』(致知出版社)の本日(5月25日)のテーマは『聞き上手の活学』です。  抜粋して紹介します。

『話し上手より聞き上手ということがある。  自分が接するあらゆる人から、その専門の知識体験をきき、わがものにすることが出来れば活学というべきだ。』


2.(元アマゾンのカリスマバイヤー)土井英司さんが書かれているブログ「ビジネスブックマラソン」5月20日分に将棋の羽生善治名人の言葉が出ています。  抜粋して紹介します。

『三流の人は、人の話を聞かない。

二流の人は、人の話を聞く。

一流の人は、人の話を聞いて実行する。

超一流の人は、人の話を聞いて工夫する。』


3.5月18日に紹介した『早大院生と考えた文章がうまくなる13の秘訣』(近藤勝重著 幻冬舎刊)の『「書く」より「聞く」』の項から抜粋して紹介します。

『物事は多くは聞くことからはじまります。  オバマさんが米国の大統領になって中東和平を任務とする担当特使を任命しました。  その特使に彼はこう指示したそうです。

「聞くことからはじめるべきだ。  アメリカは命令からはじめることが多すぎる」』


4.ビジネスにおいても、買ってもらおうと一生懸命話す前に、お客様が「本当は何を欲しがっているのか」をよく聞くことが大切です。

営業において、一番大切なのは傾聴(けいちょう・・・真剣に聞くこと)です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT