PREV | PAGE-SELECT | NEXT

藤間秋男先生『100年企業に学ぶ』

1.一昨日は藤間公認会計士税理士事務所主催の講演会に行きました。  テーマは『100年企業に学ぶ成功事例研究』です。  講演資料から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「伝統とは、守るものではなく、潰していくもの改革していくもの」(株式会社 半兵衛麩 創業1689年 業歴320年)

②「義を先にして利を後にするものは栄える。  正義を優先し、利益を後回しにするものは栄える。」(下村彦右衛門正啓の座右の銘 大丸店是)

③「最も社会に奉仕する企業が最も利潤を上げる」(オムロン創業者 立石一真)

④「経営理念がある会社とない会社は『1.76倍』経常利益の差が出る」(宮田矢八郎教授)

⑤「経営成功の要因の50%は、経営理念の確立と浸透」(松下幸之助)

⑥「自ら断崖のふちに立て・・・足が震え、すくみますが自ら覚悟を決めて断崖の上に立つと、逆に勇気がわいてくるのです。  さらに、宇宙のエネルギーが自分を後ろから、押してくれる。  人間の素晴らしい能力に出会うのです。」(松下幸之助)

⑦「目先の利を追うもの→貧しさが身をはなれない。  将来の種をまくもの→豊かさが身をはなれない。」(二宮尊徳)

⑧「行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが、行動のないところに幸福は生まれない。」(イギリスの政治家ベンジャミン・ディズレーリ)』

2.「にんべん」(創業1699年 業歴311年)、「千疋屋総本店」(創業1834年 業歴176年)、「山本海苔店」(創業1849年 業歴161年)、「鈴廣かまぼこ」(創業1865年 業歴145年)の4人の社長によるパネルディスカッションも勉強になりました。  ちなみに、その司会を務められた藤間秋男先生の事務所も1890年創業(業歴120年・・・創業時は司法書士事務所)だそうです。

よい週末を!

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT