PREV | PAGE-SELECT | NEXT

籐間秋男先生『あと一件、もう一件』

1.①日本国内においては2007年以降、一日の最高気温が35度以上の日のことを「猛暑日」というのだそうです。  いずれにしても暑い日が続いています。  そんな中、2週間ほど前の週末のことです。  自宅のインターホンが鳴ったので出てみると、何かの訪問販売の女性でした。

②また、先週の金曜日の午後、ある会社で打ち合わせをしていると、コスメの訪問販売の女性が入ってきました。

③いずれも話を聞くことはしませんでした。  でもこの猛暑の中、推測するにほとんどのケースで断られながら、頑張って飛び込み営業しているその姿勢には感銘を受けました。


2.昨日配信された公認会計士・籐間秋男先生のメルマガに訪問販売に関する文章があったので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『あと一件、もう一件、行こうという考え方が大事』  (新規開拓 朝倉News より)

『①夏の頃だったと思います。  飛び込み営業をして帰社した私に教えてくれたこと。  あと一件、もう一件行こう。  という考え方が大事。

②10件飛び込みしたけど1件も面談できなかった。  ここでどう考えるのか。  10件飛び込みしてここで終わるのか。  ひょっとして11件目で面談できるかも。  と思って、もう一件訪問するのか。

③11件目で面談ができた!  もし10件で終わっていたら11件目の面談はない。  もう一件、あと一件頑張って訪問して面談ができたという経験を一度でもすると・・・、途中で諦めず、次の一件はひょっとしたらと期待をし「よし、もう一件いこう!」と行動できるようになる。

④入社して数ヶ月、初受注もあがっていなかった私はこのアドバイスをワクワクしながら聞いた記憶があります。よし、地下鉄まで移動しながらもう一件。  次の面談時間まであと一件。

⑤テレアポも同じことが言える。  あと一本電話をかけたら。  次はアポが取れるかもしれない。  あと一件、あと一本。  この積み重ねが後に大きな差を作るのだと思います。

⑥我が社の部下たちはどうだろう・・・言い方は違っても、直属上司が同じことを教えて、現場で実践しています。  その積み重ねの先にあるものはやった人にしかわからない世界。  続けてほしいと思います。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT