PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鳥飼重和先生『共感は資産家になる秘訣』

弁護士の鳥飼重和先生のブログ『鳥飼日記』を毎日読ませていただいています。  今日のタイトルは『共感は資産家になる秘訣』です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「類は友を呼ぶ」という法則がある。  幸福な人は幸福な人と集まる。  不幸な人は幸福な人の集まりを避ける。  成功者は成功者が好きである。  成功しない者は、成功者を好きになれない。

②幸福になる人は、幸福感を味わえることを好む。  他人の幸福の話でも、幸福感を味わえる人は、幸福になるしかない。  常に幸福感に満たされるから、幸福が必然的なものとなるからである。

③成功者になる人は、成功感覚を味わうことを好む。  他の成功者の話に、共感や感動を味わえる人は、成功者になるしかない。  成功者の感覚を身に付けるのであるから、成功は必然的となるからである。

④幸福であれば、他人の幸福でも受け入れられるか?  成功であれば、他人の成功でも喜べるか?  この質問に、「はい」と答えるか、「いいえ」と答えるか。  そのことで、自分の未来を予測することができる。  幸福な人・成功者と同類か、不幸な人・成功しない者と同類かが分かるからだ。

⑤幸福になれる人は、幸福な人と同類であり、幸福になる考え方をする。  成功者になれる人は、成功者と同類であり、成功者になる考え方をする。

⑥幸福な人に嫉妬すれば、幸福な人と同類にはなれず、不幸を招く。  成功者のあらを探すようでは、成功者と同類にはなれず、成功と縁がなくなる。

⑦幸福になりたいのか?  成功したいのか?  幸福になりたいなら、幸福な人と同類となる考え方にしたらいい。  成功したいなら、成功者と同類となる考え方をしたらいい。  考え方を変え、その考え方に沿った行動を繰り返せばいいのである。  難しく考えることはないし、難しいことをすることもない。

⑧嬉しそうに話す人の嬉しそうな姿に共感すればいい。  嬉しいという話し手の感覚を神様からのプレゼントとして頂戴するのである。  「嬉しい」感覚を自分のものにするのである。  その結果、そのような感覚が種となる。  その種が、自分の心の土壌の中で育っていくのである。

⑨時間が経てば、その種が花を咲かせ、実となるである。  種である「嬉しい」感覚どおりの現実になる。  人間は、自分の感覚どおりの現実を創ることになるからである。

⑩嬉しさの共感は、嬉しい人と同類となり、自分も嬉しさを味わえるようになる秘訣。  他人の嬉しさは、お金以上の価値のある無形の資産である。  その資産をもらうことが共感の意味である。  共感は、自分を幸福や成功に関する資産家にする秘訣なのである。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT