PREV | PAGE-SELECT | NEXT

J.C.オカザワさん『小沢一郎は♠のエース』

作家・経済評論家の邱永漢(きゅう・えいかん)先生のサイト『もしもしQさんQさんよ』の中でJ.C.オカザワさんのブログ『食べる歓び』を見ることができます。  今日のタイトルは『小沢一郎は♠のエース』です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①当「食べる歓び」は食にまつわるコラムなので、ほかの話題はあまり取り上げてこなかった。  (中略)  そんな思いでいたがことここに至り、ちょいと言わせてもらいましょうか、てな気分になった。

②実は民主党代表戦のことである。  (中略)  1日の共同記者会見を見れば、どちらが勝つか、あるいはどちらが勝つべきかは誰の目にも明らかで、小学生でも容易に判別できる。

③それにしても小沢一郎の不人気はどうしたことだろう。  というか、あの世論調査っていったい何なのだ?  これがネット調査だと、一転して小沢リードというからネットオンチばかりが世論調査の答え手なのだろうか。

④小沢と菅の政治家としての力量差には相当の開きがある。  かたやメジャーリーガー、こなた甲子園球児といったところだ。

⑤菅には悪いが彼は貝割れ大根をムシャムシャと2人前、平らげただけの人。  J.C.はその当時から一貫してそう決め付けている。

⑥一方の小沢はここ2四半世紀、日本でもっとも優れた政治家であり続けてきた。  およそ20年前のことながら、アメリカ政府がリスペクトする日本の政治家は小沢一郎しかいないことをウォール街で働いていて肌で感じた。

⑦回り道、あるいは迷い道、はたまたけもの道、総じていばらの道を歩んだ末に今ようやく総理の座につこうとしている小沢である。

⑧この国はこれまでロクでもない首相を乱造して列強の失笑をどれだけ買ってきたことだろう。  最強のカード、♠のエースを使わずに、いや、エースの存在を気づきもせずに屑札ばかりで勝負してきた。

⑨これじゃ国際Aマッチで勝てる道理がない。  たまにキングやエースが出てきても、いいとこ♥どまり。  貝割れオヤジなんか、♣の9か10が御の字でちょいと贔屓目に見てやってジャックがせいぜいだ。

⑩加えて仲良し♣の取り巻きがヒドすぎる。  (仙)人は滑って(谷)底に落ち、(枝)葉は燃えて焼け(野)原。  崩壊寸(前)の(原)っぱにペンペン草が生え、(岡)の上の(田)んぼは干上がっている。

⑪エッ? 歴代首相では小泉が♠のエースだろう、って?  トンデモない、あの容貌はどう見てもジョーカーでしょうよ。  

⑫エッ? ジョーカーはオールマイティで最強だろう、って?  バカ言っちゃいけません。  真っ当なゲームにジョーカーの出る幕なんかありゃしませんぜ。  ババが出るのはババ抜きだけと、昔から相場が決まってやんす。』

川島智太郎、ガンバレー!

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT