PREV | PAGE-SELECT | NEXT

稲盛和夫さん『西郷隆盛と試練』

『「成功」と「失敗」の法則』(稲盛和夫著 致知出版社刊)から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私は「試練」を経験することが、人間を大きく成長させてくれるチャンスになると考えています。  実際、偉大なことを成し遂げた人で、試練に遭(あ)ったことがないという人はいません。

②明治維新の功労者である西郷隆盛もそうです。  西郷は、子どもの頃は「ウド」というあだ名の、目立たない子供だったといいます。  ところが、後には勝海舟をはじめとする幕末の偉人たちを感嘆させたほどの人格者となり、明治維新の偉業を成し遂げています。

③この西郷は、人生において様々な試練に遭遇しています。  例えば若いときには、親友であった僧月(げっしょう)とともに、鹿児島の錦江湾(きんこうわん)に身を投げ、自分だけ蘇生(そせい)するという経験をしています。  親友を逝(い)かせてしまった西郷の心痛はいかばかりであったでしょう。

④また、遠島(えんとう)という不遇を二度も経験しています。  特に二度目は、島津久光の逆鱗(げきりん)に触れ、鹿児島から遠く離れた沖永良部(おきのえらぶ)島に流され、風雨が直接吹き込む狭い牢獄に閉じこめられるという悲惨な目に遭っています。

⑤しかし、そのような逆境の中でも、西郷は東洋古典の耽読(たんどく)などを通じて、自分を高める努力を怠ることはありませんでした。  苦難に耐え、むしろ苦労を糧(かて)として、人格を磨く努力をひたむきに続けたのです。

⑥その後、許されて島を出た西郷は、高潔な人格と識見を備えた人物として、人々の信望を集め、やがて明治維新の立役者となります。

⑦この西郷の人生は、「試練」に遭遇したときに、どのように対処するかということが、いかに人生で大切なのかということをよく表しています。

⑧苦難に直面したときに、打ち負かされて夢をあきらめてしまったり、いい加減なところで妥協をしてしまったりするのか、それとも西郷のように、苦労を苦労と思わず、ひたむきに努力を重ねることができるのか、ここに人間的に成長できるかどうか、その分岐点があるのです。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT