PREV | PAGE-SELECT | NEXT

本郷孔洋先生『「ローコスト」も第二ステージへ』

1.1月20日に配信されてきた『本郷孔洋のビジネスの眼』のテーマは『「ローコスト」も第二ステージへ』でした。  紹介します。

『 1.日本の失われた20年の中で、勝った会社の共通項の一つに「ローコスト」が挙げられます。
 
デフレに対応した原価でオペレーションができた企業しか勝てませんでした。
 
言い換えますと、コストに上乗せして、価格を設定した会社は、しんどかったと言えます。

 
2.さて今後です。
 
私見で恐縮ですが、もう一段のローコストが進むのではないかと思うのです。
 
例えば、全日空もついに格安航空会社を作ると宣言するほど、今、LCC(ローコストキャリア)と言われる格安航空会社が注目されています。

LCCは、機材を1種類に限定したり、駐機時間を短くしたりと、アメリカのサウスウエスト航空が先鞭をつけ、あっという間に世界中に広がったのは周知の通り。

 
3.ところが、その格安の売りのLCCでも、もう一段のローコストオペレーションの会社が現れています。
 
例えば、
 
(1)飛行機のトイレも有料化?
 
お金を取るのが目的ではなく、もし、もっと多くの客が空港でトイレを済ませていれば、3つあるトイレを1つに減らして座席を6つ増やせる。
 
(2)座席のポケットがない
 
ポケットがあるとそこにゴミが捨てられ、到着後の機内清掃の時間がかかる
 
(3)機体の標準化、単一機種はもちろんのこと、駐機時間25分、副操縦士も飛行中はサービス要員にする等で、機材も機体も高速回転。
 
(4)キャンセルも返金も受け付けない、立ち席の検討、操縦士の半数は契約社員。
 
(ライアンエアー(世界最大の格安航空) NIKKEI BUSINESS 2010/11/22)より)

 
4.もう普通のローコストでは勝てない?
 
仕事の仕組み自体を変えないとダメ?』

2月14日夜の本郷先生を囲む食事会に呼んでいただきました。  お話をうかがうのが楽しみです。



TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT