PREV | PAGE-SELECT | NEXT

旅順攻防

5月17日に中国・大連・旅順の203高地へ行ったことを5月24日のブログで書きました。  『週刊朝日』7月8日号の連載『週刊司馬遼太郎』のテーマは「旅順攻防と海戦前夜①」です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①日露戦争(1904~1905年)は始まってしばらくすると膠着(こうちゃく)状態となるが、その最大の原因は旅順にあった。

②港には旅順艦隊がいる。  港外には、東郷平八郎が率いる日本の連合艦隊がいる。  旅順艦隊はなかなか港から出ようとしない。

③『坂の上の雲』では参謀の秋山真之が、陸軍の児玉源太郎参謀総長にいう。  「敵も利口です。   本国艦隊(バルチック艦隊)の回航されてくるのを港内にひっこんで待っている。  敵としてはもしそのときまで待てば日本艦隊に対して二倍の力になる。」

④旅順をおとさなければ、海軍も陸軍も滅亡し、日本が滅亡してしまうことになる。  「陸軍をもって要塞(203高地)を攻め、それを陥落させてしまえば、港内にいる艦隊は出てゆかざるをえません」  海軍の要請を受け、陸軍は第三軍を創設した。  司令官は乃木希典である。

⑤旅順要塞に乃木軍の第1回総攻撃が始まったのは1904年8月19日だった。  〈この実施によって強いられた日本兵の損害はわずか六日間の猛攻で死傷15,800人という巨大なものであり、しかも敵に与えた損害は軽微で、小塁ひとつぬけなかった〉  以後、こうした乃木軍の絶望的な戦いが始まるのである。』

2度目の総攻撃も失敗しますが、11月26日に3度目の総攻撃を開始します。  乃木将軍の次男・保典が戦死するなどしましたが、12月5日にようやく203高地の奪取に成功します。

歴史好きの私にはたまらない内容でした。  7月12日からまた大連です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT