PREV | PAGE-SELECT | NEXT

自律神経のバランス

『なぜ、「これ」は健康にいいのか』(小林弘幸著 サンマーク出版刊)を読みました。  『はじめに』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に大別されます。  自律神経は内臓や血管の機能をコントロールする神経で、交感神経が体を支配すると体はアクティブな状態になり、副交感神経が支配すると体はリラックスした状態になります。

②アクティブな状態では「交感神経がやや優位」、リラックスした状態では「副交感神経がやや優位」というようなバランスのシーソー状態が生じています。  どちらかが優位でも、自律神経活動の高さとバランスが理想的な状態にあるとき、それが、私たちの心身がもっとも健康で、心身のパワーを最大限に発揮できる状態だったのです。

③では、どういうときに人は病気になりやすいのでしょうか。  結論をいうと、交感神経活動レベルが異常に高く、副交感神経活動レベルがきわめて低いときです。  この状態が持続すると、体のあちこちに不調が現れ、病気になってしまうのです。

④自律神経をコントロールするポイントは、ひと言でいうと「ゆっくり」です。  「ゆっくり」を意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる。  そうすると、下がり気味の副交感神経活動レベルが上がり、自律神経のバランスが整いはじめるのです。』

若いころからの研究テーマがいくつかあります。  「運」「指導」「経営」「歴史」などですが「健康」もその一つです。  当然、それらの分野の本を読むことが多くなります。  

ブログでも「健康」に関する本を何冊か紹介しました。  本書は今までで一番腹落ち(はらおち・・・納得がいく。 なるほどと思う。)した本です。

本書中の「ヨガ」に関する文章を読んで、日課にしている「立禅」が「自律神経バランス調整トレーニング」であることもわかりました。    

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT