PREV | PAGE-SELECT | NEXT

気くばりの達人

『戦略おべっか』(ホイチョイ・プロダクションズ著 講談社刊)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①現代の広告業界で気くばりの達人と評された人物の一人に、日本初の民間放送を興し、プロ野球パシフィック・リーグの立て役者となった、小谷正和がいる。

②1955年、小谷が、有楽町で『ビデオホール』というラジオ放送番組収録用ホールを経営していたときのこと。  小谷は、ホールの名を世間に認知させるため、フランスからパントマイムの第一人者マルセル・マルソーを招き、公演を行った。

③このとき小谷は、夫に同伴して日本にやって来たマルソー夫人のお世話役の部下に、こう命じた。  「女性がショッピングするとき、二つの商品を手にして、どちらを買おうか迷うときが必ずある。  マルソー夫人が迷って買わなかった方の物が何だったのか、全部記録してこい」

④部下は小谷の命令を忠実に守り、夫人が何を買って何を買わなかったかを仔細に報告した  その報告を受けた小谷は、マルソー夫妻が羽田を発つとき、大きな箱に、夫人が迷って買わなかった方の商品をまとめて入れて、プレゼントした。

⑤女性が最後まで迷ったというのは、その商品を気にいった証拠である。  中には、あちらを買えばよかった、と後悔したものもあったに違いない。  小谷はそれを全部買って夫人に贈ったのだ。

⑥マルソー夫人が大喜びしたことは言うまでもない。  その様子を見ていたマルソーは、「コタニの招きなら、いつでも日本に来る」と言い残して日本を去ったという。』

今日、東京は最高気温35.4度の猛暑日でした。  でも、下高井戸道場はクーラーが壊れていて冷えません。

そんな中、午前中は朝錬、午後は何と2時から取材です。

善十朗・翔平、ワールド空手の酒井さん・大志君、お疲れさまでした。  私もちょっとバテ気味です。

ヤマベ~!  早くなおしてよ~!  久々の内輪ネタでした(笑)。

  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT