PREV | PAGE-SELECT | NEXT

有森裕子さん・偶然

1.10月17日のブログで小出義雄監督を取り上げました。  昨日(10月30日)の日経新聞・夕刊にその小出監督の指導を受けた有森裕子さん(マラソン五輪メダリスト)の文章が載っていました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①(日本最高記録を出した)この時期、記録が伸びたのは練習量が圧倒的に増えたからだと思う。  いまも昔も、監督が出す練習メニューに「こんなむちゃなことをしたら、故障してしまう」と文句を言う選手がいるが、私は基本的に黙って従うようにしていた。

②小出監督が「オレはおまえをつぶそうと思って、メニューをつくっているわけではない。  当然強くしようと思っているんだぞ」と言ったことがある。  それで私は覚悟を決めた。

③監督は練習メニューをつくるプロ、そして選手は練習をこなすプロ。  「監督は私を強くしようと思っている。  私は強くなりたいと思っている。  そこで利害が一致したのだから、バッチリじゃないか」と感じた。  (中略)

④私は練習の意味を理解したうえで、監督を信じて黙ってこなした。』

私は「有森さんのいうような一種の素直さ」と「監督だけに頼らず、自分自身でも創意工夫する姿勢」の両方が必要だと思っています。


2.事業家、文筆家の平川克美さんが10月27日の朝日新聞で「偶然」について面白い文章を書かれていました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①時々、わたしたちが生きている世界は、どんな仕組みになっているのかと思うことがある。  (中略)  身近な出来事なのだが、どうしてそんなことが起こり、それが何を示しているのかよく判らないという体験のことである。

②数年前、横浜駅から京浜東北線に乗り込んで、つり革にぶら下がると、目の前に、前日酒席をともにしていただいた三遊亭円丈師匠が座っていた。  何という偶然。

③そして数日後、秋葉原の路地裏を歩いていると、向こうから師匠が歩いてきたのである。  わたしは自分の目を疑った。

④世界で最大の人口がひしめく東京の街角で同じひとに、三度会うなんて偶然は、確率的にはどのくらいのものなのだろうか。』

私もそういった「偶然」といえるような出来事を比較的多く体験します。  なんか意味があるのかな~(笑)。


3.あと3日で全日本大会です。  5日後の月曜日の朝には第44代の全日本チャンピオンが決まっているんですね。  いったい誰なんだろ~?

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT