PREV | PAGE-SELECT | NEXT

トップアスリート量産地

『トップアスリート量産地に学ぶ 最高の人材を見いだす技術』(ラスムス・アンカーセン著 阪急コミュニケーションズ刊)を読みました。  元サッカー選手の著者は「まえがき」で次のように書いています。  

『仕事を辞め、全財産をつぎこんで六枚の航空券を買うと、7ヵ月かけて世界各地に足を運んだ。  ファストファッションのようにトップアスリートを次々と輩出している地域・・・六つの「人材の宝庫」・・・で生活をし、自らトレーニングを行ったのである。』

本書から抜粋し、番号を付けて紹介します。  著者が言う『六つの「人材の宝庫」』とは次の①~⑥の地域のことです。

『①長距離走の世界でケニアが他を圧倒していることは周知の事実だが、国際大会でメダルを獲る選手の70%以上がカレンジ族(ケニア全人口の10%、300万人)の出身であることはあまり知られていない。  たとえば、1968年以降、オリンピックのハードル競技でカレンジ族出身の選手が金メダルを逃したのはたった一度だけだ。  (中略)  なぜ、ひとつの部族からあれだけの金メダリストが誕生し、長距離の世界記録を次々と更新しつづけているのだろうか?

②ジャマイカのキングストンに本拠を置くある陸上クラブは、ディーゼル燃料で除草したトラックで日々トレーニングしているのだが、2008年の北京オリンピックでは、所属選手がメダルを九つも獲得するという快挙を成し遂げた(うち五つは金メダル)。  しかも世界記録とオリンピック記録の更新もしてのけたのである。  この驚異の結果はどうやって生まれたのだろうか?

③韓国は寒さが厳しく、またコースの使用料金が非常に高いこともあって、ほとんどのゴルファーが逃げ出したくなるような劣悪な競技環境と言える。  それなのになぜ、世界女子プロゴルファーの上位100人の中に、韓国出身の選手が35人も入っているのか?

④エチオピアの人里離れた小さな村が、前回のオリンピックの中距離種目で金メダルを四つも獲得できたのはどうしてだろう?

⑤ことテニスについては、平凡な成績しかあげていなかったロシア人選手が、わずか数年で女子世界ランキング上位40人の25%を占めるまでになったのは、なぜなのか?

⑥2010年シーズン、ブラジルのクラブチームがいっさい参加していなかったのにもかかわらず、イギリス人選手25人、ドイツ人選手26人に対して、じつに67人ものブラジル人選手が、世界で最も権威ある国際大会、チャンピオンズ・リーグに出場しているのはなぜだろうか?』

大変参考になりました。  一読をお勧めします。

火曜日から北京です。  天気予報によると火曜日は最高気温が5度、最低気温がマイナス4度となっています。  

昨年末の香港では夜ホテルの暖房が入らず、結果として風邪を引いてしまいました。  冬の北京は外は寒いのですが、室内はどこに行っても暖かいので安心です。


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT