PREV | PAGE-SELECT | NEXT

恐れ

1.大リーグのイチロー選手について3月6日付け朝日新聞夕刊のコラム『大リーグが大好き!』で向井万起男さんが書かれていたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①私の予想。  今年のイチローは打率3割以上、安打数200本以上を3年ぶりに達成する。

②イチローは大リーグに初挑戦する時〝恐れ〟を抱いているように私には見えた。  自分は大リーグで通用するのだろうか、どれだけの成績を残すことができるのだろうかという〝恐れ〟だ。

③こうした〝恐れ〟をイチローは今も抱いているとしか私には見えない。・・・・・・イチローを強気一辺倒の男と思っている人がいるようだが、私の考えは違うのだ。

④野球に限らず何かに挑戦する時、こうした〝恐れ〟を抱くことが成功の鍵だと思う。  最初から〝恐れ〟を抱いて挑戦すれば、失敗しても軌道修正しようと前向きになれる。  〝恐れ〟を抱かずに失敗すると、焦って落ち込んでいくだけだと思う。

⑤今年のイチローは最初からヤンキースの一員としてプレーする。  いつも〝恐れ〟を抱いて挑戦しているイチローは今年、見事な軌道修正・復活を果たすというのが私の予想だ。』

〝恐れ〟は〝繊細さ〟と表裏一体だと私は思っています。  繊細さがないと本当に強い選手にはなれません。


2.ベトナムから昨日の朝帰ってきました。  ハノイで1泊、ホーチミンで2泊、昼間の便がないので23時55分発の機中で1泊です。  初めて行ったのですが、気付いたことを書いてみます。  

①中国同様、若者が多いので異常に活気がありました。  そして、とにかく沢山のバイクが走っています。  以前テレビで見たイナゴの大軍のようでした。

②食事はほとんどベトナム料理でしたが、すべてが美味しかったです。

③海外に行って現地のビールを飲むのが私の楽しみの一つです。  ベトナムでは『333(バーバーバー)』を飲みました。  みんなで乾杯する時の掛け声「ヨー!」を何度言ったことか(笑)。

④泊ったホテルの部屋は窓なしでした。  建物の間口が制限されており、小さく細長く建っているホテルが多いからかも知れません。

⑤便座の脇に手動式のウォシュレットが付いていました。  思ったより水圧が強いので、最初は水浸しにしてしまいました(笑)。


3.①18年前からベトナムでのビジネスも手がけている浜井良顕師範には現地で大変お世話になりました。  ちなみに師範は城西支部の初代師範代で、城西初の全日本チャンピオン・大西靖人は師範の大学の一年後輩です。
支部開設直後、浜井師範に連れられてやってきたのが当時法政大学三年の大西でした。  

②極真のつながりは有り難いもので出会って35年経っても「よしあき」「山田先輩」の仲です。  でも、35年間後輩であり続けている浜井師範は大変かも(笑)。  ヨシアキ、アリガト~!

③日曜日は審査会、月曜から韓国・ソウル、翌週は中国・大連と海外行きが続きます。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT