PREV | PAGE-SELECT | NEXT

感謝と不満

1.今朝、鎌田翔平のブログを読んだらいいことが書いてあったので紹介します。

『誕生日

今日(5月28日)は僕が生まれてから26回目の誕生日です。

今日は良くも悪くもナイスな1日でした笑



ともかく、こうやって今生きていられるのも両親のおかげだと思っています。

この場を借りて両親に感謝したいと思います。

これから少年部の指導ですが、子供達にも両親を大切にするようにしっかり指導していきたいと思います。』


2.5月27日の「伊勢ー白山 道」さんのブログに「不満と感謝」に関する記述があったので抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①近所に住む80歳を過ぎた女性の方が、玄関先でイスに座ってくつろいでおられました。  ひさしぶりにお見かけしましたので、挨拶を兼ねて話しかけました。

②腰に手を当てながら、腰痛のために最近は外出が減っており、生活していても楽しくないとのことでした。  以前は週に3回も、街中にある老人クラブ内の茶道教室へと、稽古に行くのが楽しみだったそうです。  それが今では腰痛のために、週に1度しか行けないと嘆いておられました。  老人同士の会話が楽しみだそうです。

③私とすれば、その腰のかばい方で週に1度でも行かれるのは凄いことだなと思いました。  なので、「週に1度でも行ければまだ良いではないですか。  誰でも、いずれは衰えますよ。」と言いました。  すると彼女は、自分の友人は92歳だけれども、自分より元気に茶道教室に頻繁に来ていると、とても不満気な様子でした。

④私が住む田舎では、若いころからの農作業で足腰を痛め、近場でも自動車に乗る生活習慣により、意外にも杖を持つ老人や車イスの高齢者が多いです。  都会の老人のほうが良く歩いて健康かも知れません。

⑤人間というものは、80歳を過ぎましても、やはり「他人との比較」で自分の心を痛めるものなのです。  本当は、寝込まないですむ健康や、歩けることへの感謝をするべき年齢だと思いますが、心は若い時と変わらないのです。

⑥だから、自分の心が年齢と共に成長するなどとは、期待をしてはいけません。  今が不満ならば、来年も不満なままかも知れません。

⑦これは逆に言いますと、“今”の自分が「それでも」感謝の気持ちを持てますと、この日々の連続である来年も感謝の気持ちを持てる人間であることでしょう。』


3.今朝も9時から朝錬です。  昨日が誕生日で、ブログでもいいことを書いた翔平ですが、もちろん手加減はしません(笑)

今週末は全日本ウェイト制大会です。  金曜日大阪入りする前に、善十朗と翔平を連れて岸和田の大西靖人の墓参りに行きます。  常連の菊澤・田村、飛び入り参加の鴨志田・中江、貝塚の東さんも一緒です。

今月のワールド空手に30年以上も前の大西や浜井良顕の写真が出ていて懐かしかったな~。  写真を貸してくれた野村和義ありがと~。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT