PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スピリチュアル本

最近読んだスピリチュアル(霊的)な本2冊から抜粋し、番号を付けて紹介します。

1.『最後のイタコ』(松田広子著 扶桑社)

※イタコ・・・(主に東北地方で)霊界と人間との間にたって神おろしや死霊の口寄せをする巫女(みこ)のこと(大辞林)

『①日ごろ、みなさんから相談される問題や悩みごとなどの具体的な内容はさまざまです。  (中略)  どんな方でも、日ごろのおこないや心の持ち方を少し変えるだけで、問題が徐々に解決へと向かい人生が明るくなっていきます。

②時には、霊の影響が考えられるケースもありますが、それはごくまれです。  ほとんどの方は、自分の思い込みや行動で問題を悪化させていたり、新たにトラブルをつくり出しているケースが多いのです。

③もし、最近トラブルや不幸が続くという場合は、「あなたは、このままではまずいですよ」というサインです。  普段、自分がどんな立ち居振る舞いをしているのか。  仕事や家事で手抜きをしていないか。  人に接する態度がおかしくないか。

④自分の環境を見渡し、自分自身を見つめ直してみると、なぜ、こんな事態になっているのか、思い当たることが出てくるはずです。  そこを直していくと、自然に悪いことは起きなくなります。  (中略)

⑤自分を一気に変えるのは、むずかしいでしょう。  でも、「笑顔で挨拶する」 「相手を非難するのをやめる」 「きつい言葉遣いをしない」など、たったひとつでも変えることができたら、そこから問題解決へとつながっていきます。

⑥その「たったひとつ」を見つけるお手伝いができればと思います。』


2.『宇宙からのサイン』(浅見帆帆子著 ダイヤモンド社)

『①これからの時代は「心の時代」です。  精神的なものや、その人自身の感じ方など、目に見えない種類のことが大切にされてくる時代です。

②たとえば、なにかを選択するときには、頭で考える理屈ではなく、あなた自身が本音で感じる感覚を基準にしていいことになります。

③つまり、「好き、ワクワクする、居心地がいい、違和感がない」と感じるものを選び、それとは逆に「嫌い、モヤモヤする、苦しい、違和感がある」と感じるものは選ばなくてよくなる・・・その方法でうまくいくようになります。

④それは、『心で感じることは真実を伝えている』ということに、ひとりひとりが気付くようになってきたからでしょう。

⑤たとえば、本音と違うことを我慢し続けたり、力で人に強制したり(されたり)、義理や損得や打算だけで動いたり、あえて苦しい道を選ぶことで成長しようとしたり、他人と比較することで競争したり、自分の利益だけを考えて無理を通し続けたり・・・というような、本当は心がモヤモヤするやり方を続けている人、団体、企業はうまくいかなくなっているということに、多くの人が気付き始めたのです。

⑥ひとりひとりの感じる力が強まった結果、自分の心にごまかしはできなくなっているのです。』


明日はビギナーズカップ、月~水曜日は中国・煙台です。  天気予報では最高気温が8度・8度・2度、最低気温が5度・0度・1度、水曜日は雪マークとなっています。  マイッタナ~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT