PREV | PAGE-SELECT | NEXT

百人組手

1.今朝の朝日新聞・連載『小津安二郎がいた時代』のタイトルは『品性』でした。  小津安二郎(1903~1963)は『東京物語』などの作品で知られる名映画監督です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①おいの長井秀行(76)が振り返る。  「品行方正でなくてもいいけど、品性下劣になってはいけないとよく言っていました。  品性下劣なやつはどうしようもないってね」

②品性についてつまびらかにすることはなかったが、「うそをつくな。  人に迷惑をかけるな。  この二つは絶対に守れ」と言われたという。

③長井から見た小津は正義感が強く、言行一致の大人だった。  知ったかぶりをしない、自慢話をしない、弱い立場の人に威張らない。

④「大人になるにつれて、それがどんなに難しいことかがわかる。  伯父の生き方は正しかった。  今でも、いつも伯父と対話している気持ちでものを考えます」』


2.極真の最近の選手の中で私がもっとも品性を感じるのが第10回世界大会優勝者のタリエル・ニコラシヴィリ(ロシア)選手です。  昨日の午後、本部直轄恵比寿道場でタリエル選手の百人組手が行われ、極真史上9人目の完遂者となりました。  組手開始時間が13時10分、 組手終了時間が16時31分という、3時間21分の長丁場でした。
  
タリエル選手の百人組手前の談話から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「私の希望は、この挑戦を通じて極真会館の皆様で力を合わせ、ともに発展していくことです。  そして極真空手が持つエネルギーを世界中の人々に知ってもらいたいと考えています」(ワールド空手2014年5月号)

②・・・百人組手を達成できる自信はどれぐらいありますか?

「自信がなければ挑戦はしませんが、思い通りに行くとも思いません。  今までの試合でも、必ず勝てるという過信をしないよう心掛けてきました。  トーナメントでも優勝すること自体が目的ではなく、どういう内容で優勝するかが大事です。  途中でズルい手を使わなかったか?   自分を裏切らなかったか?   そのことを自問自答し、自分に戒めながら戦ってきました。  その気持ちは百人組手でも同じです」(バウトレビュー2014年4月23日)』


3.城西支部の選手も過去に二度、百人組手に挑戦しています。

①小笠原和彦(1984年11月18日・千葉寺(千葉市中央区)境内の特設試合場)・・・途中で前蹴りが対戦者の道着に引っかかり右足小指を負傷。  出血がひどく、43人目を終えたところで中止。

②増田章(1991年5月19日・総本部道場)・・・完遂。  

ワールド空手2014年5月号・百人組手特集記事から抜粋して紹介します。

『第5回世界大会を半年後に控えた増田の挑戦。  連打でガンガンと押していくタイプだけに、組手を重ねるごとに、次第にダメージが蓄積されていった。  76人目では「噛みつき」行為に出るなど、人間の野生の本能をあらわにした』


4.私が百人組手を見るのは増田以来ですから実に23年ぶりです。  昨日は大山倍達総裁が亡くなられて20年目の命日でもありました。

命日といえば、増田の百人組手で、大山総裁が次のような話をされました。

「今日5月19日は不思議にも、毛利松平先生(極真会館・前会長)の命日です。  大山が龍であるとするならば、毛利先生はそれを乗せた雲でした。」

大変感銘を受けた記憶があり、今年1月29日の百人組手の記者会見でもその話をさせていただきました。  ところが、昨日念のため調べてみたら、毛利先生が亡くなられたのは1985年5月24日でした。

大山総裁の記憶違いだったのかしら(笑)

いずれにしても、タリエル選手百人組手完遂、おめでとう。  そして、お疲れさまでした。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT