PREV | PAGE-SELECT | NEXT

やってのける

1.7月15日に配信された藤間秋男先生のメルマガに『やってのける』という文章がありました。  番号を付けて紹介します。

『①「挑戦するだけ無駄だよ」  「できないって」  「絶対無理!」  「君はやめたほうがいいよ」
これらは、やる気を失わせる大きな影響力を持つ言葉。  自分は無力で、ひとりでは何も出来ない人間だと、思い込んでしまう。。。

②逆に「挑戦していこう」  「君ならできる!」  「おまえなら、やれるさ」
こう言われると、俄然やる気になる。  ですが。。。

③一番良いのはどんな言葉も力にすること。  どちらを言われても、「よっしゃ!  やってやろうじゃないか!」と思えたら、素敵ですね。

④人になんと言われても、エネルギーに変えていける。  そんな人でありたいですね。

⑤「人生でもっとも喜ばしいのは、君にはできない、と思われていることをやってのけること」 byウォルター・バジョット(経済学者)』(ゆうさんのブログ「100人の一歩~応援ブログ」)

2.『問題・・・父親と息子が車に乗っていて事故を起こし、大けがをして別々の病院に運ばれた。  すると、息子の運ばれた病院で出てきた医師が「これは私の息子です」という。  どうなってるの?

答え・・・医師は母親だった。』(7月17日朝日新聞「天声人語」)

3.『A・・・「あの若いのを見てごらんなさい。   髪を短くして、煙草を吸って、ズボンをはいているあの若いのをですよ。  いったいあれは男ですかね?  それとも女ですかね?」

B・・・「女ですよ。  私の娘です。」

A・・・「これはごめんなさい。  あなたが、あの娘のお父様と知っていたら、言葉を慎んだでしょうに・・・。」

B・・・「私は父親ではありませんわ。  母親です。」』(7月10日配信・本郷孔洋先生のメルマガ)

何が何だか分からなくなってきました(笑)  良い週末を!



TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT