PREV | PAGE-SELECT | NEXT

クリスティアーノ・ロナウド選手

8月26日に配信された公認会計士・藤間秋男先生のメルマガにクリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングに関する記述がありました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.2013年のFIFAバロンドール(年間最優秀選手賞)を受賞したクリスティアーノ・ロナウド選手。  現時点で、世界ナンバーワンのサッカー選手と評価されているのですが、その理由、少し分かった気がします。  以下は、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングの一部です。

2.ウェイトトレーニングメニュー・・・スクワット(150kg)6回×4セット、ベンチプレス(100kg)6回×4セット、クリーン(75kg)6回×4セット、レッグプレス(200kg)6回×4セット、デッドリフト(200kg)6回×4セット、ショルダープレス(70kg)6回×4セット、アームカール(30kg)6回×4セット、トライセプスエクステンション(30kg)6回×4セット、プルアップ(75kg)6回×4セット、ベンチディップ(75kg)6回×4セット、ブリッジ×5(75kg)6回×4セット

3.これはウェイトトレーニングだけのお話なので、もちろんボールを使ったサッカー技術の練習も沢山していることでしょう。  それを裏付けるように、マンチェスター・ユナイテッド専属トレーナー、マイク・クレッグ氏がインタビューで語っています。

①私はロナウドと5年間、トレーニングを行った。  彼は18歳のときにやってきたが、シニアの経験はあまりなかった。  彼は、私が出会った中で最も熱心に打ち込むサッカー選手になった。

②彼はサッカーコーチ、マネージャー、フィットネスコーチ、ジムコーチが指示したトレーニングをすべて行ったが、彼はそれにプラスしてもっと鍛えていた。

③ピッチ上でのすべてのトレーニングセッションが終わったあと、彼は自分でランニングをした。  そのランニングは、ボールと一緒に走ったり(ドリブル)、ボールをクロスさせながらだったり、シュートを交えたり、パスしながら行うランニングであった。

④ロナウドが実現した最も大きなことは、本当にトレーニングをうまく行ったことだ。  プレッシャーが無い状態で、スキルとスピードのトレーニングを多く行ったのは間違いない。

⑤彼は彼自身で、プレッシャーの無い状態で、すべての動きをリハーサルして確認した。  そして彼はトレーニングで行ったすべての動きを、ピッチ上で実行した。

⑥最終的に、彼はすべての正しいプレーを練習して手に入れた。  そして彼は新しい形のスキルを、スタジアムの中で、大きな試合の中で試したのである(スキル、プレッシャーのある状態でのスキル、試合の中でのスキル)。  そして彼は世界のベストプレーヤーになった。

(「サッカーのための筋トレと栄養」blog版より)

4.どうでしょう?  世界一の選手になるということは、世界一の努力をするということ。  地域一番のお店にしたかったら、地域一番の努力が必要ですね。  日々、目の前の事を全力で取り組むことから始めようと思います。

~keiさんのブログ「魂が震える話」より抜粋~』

ネットで調べたらロナウド選手は身長186cm・体重84kgです。  意外に大きいんですね。  

ウィキペディアには『ロナウド選手と リオネル・メッシ選手の誕生日は869日違いだが、彼等の長男も869日違いである』というトリビアな情報も出ていました。  こんなこと誰が調べるんだろ~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT