PREV | PAGE-SELECT | NEXT

息子への手紙

1.今日配信されてきたソフトブレーン創業者・宋文洲さんのメルマガのテーマは『最期に書いた息子への家書』で、香港の著名テレビキャスター梁続璋さんが最期に息子さんに送った手紙を取り上げています。  ちなみに「家からの手紙」のことを中国語で「家書」といいます。  梁さんの手紙を紹介します。  

『息子へ

おまえにこの手紙を書いたのには3つの理由がある。

1. 人生は幸福も災難も無常だ。  いつ死ぬかは分からないので、早めに言っておきたい。

2. 私はおまえの父だ。  私が言わなければ、誰も言ってくれない。

3. この手紙は私の悲惨な失敗体験から得たものばかりで、おまえの人生に役立つだろう。


今後の人生において、以下のことをよく覚えてほしい。

(1)おまえを悪く扱う人のことを気にしない。  私とお前の母親を除けば、誰もおまえによくしてあげる義務はない。  だからおまえによくしてくれる人を必ず大切にし、その人への恩を忘れてはならない。

(2)世の中には、居なければ困る人は存在しない。  所有しなければ困る物は存在しない。  お前が愛しているすべてを失っても人生は何とかなるものだ。

(3)命は短い。  今日も浪費しているこの命は、明日にはもう消えるかもしれない。  命を大切にしたいのであれば、命を楽しむ時間を増やすとよい。  長生きよりも早く楽しむことが大切だ。

(4)愛情は一種の感覚に過ぎない。  時間や心境と共に変化する。  最愛の人がおまえから離れた場合、慌てずに時間を待つがいい。  時間がおまえの心を洗い清め、おまえの苦痛を和らげてくれる。  恋に憧れ過ぎないこと。  失恋を悲しみ過ぎないこと。

(5)確かに多くの成功者はあまり勉強していない。  しかし、これは勉強しなくても成功できることを意味しない。  勉強で獲得した知識はおまえの武器だ。  人はゼロから富を築くことができるが、何の武器も持たないと無理だ。  これを絶対覚えておくのだ。

(6)私の老後はおまえに頼るつもりはない。  おまえの老後は私に頼れる訳がない。  おまえが成人して独立した時点では、私の責任は終わった。  今後、バスに乗るのかベンツに乗るのか、春雨スープを飲むのかフカヒレスープを飲むのかそれは、全部おまえ自身の責任だ。

(7)おまえは自分に信用を守ることを要求できるが、同じことを他人に要求できない。  おまえは人に優しくすることができるが、同様なことを人に期待してはいけない。  おまえが他人を扱うように、他人がおまえを扱うとは限らない。  これを理解できないと人生は苦痛が溜まるばかりだ。

(8)私は26年間、宝くじを買ってきたが、未だに三等賞にも当たっていない。  リッチになりたいならば努力して仕事せよということだ。  この世にはただのランチなどない。

(9)おまえと私は一回限りのご縁だ。  お互いの縁がいつまで続くかは分からないが、共に過ごす時間を大切にしよう。  お互い愛があろうがなかろうが、来世にもう出逢うことはない。』


2.今年のプロ野球日本シリーズはソフトバンクホークスが勝ちました。  今年で退任する秋山幸二監督が今朝の朝日新聞『ひと』欄に出ています。  一部を抜粋して紹介します。

『22日、福岡市内の焼き肉店で開いた決起集会。  ふだんは勝負にこだわる監督が「日本シリーズはアピールの場だ」と言った。  攻撃時は立って指揮を執ってきたが、ベンチに座る時間が長くなった。  最後は育てた選手たちに任せた。

6年間でリーグ制覇3度、日本一2回。  歓喜の輪の中で、重責を降ろした体がふわりと浮いた。』


3.10月も今日で終わります。  明日は審判講習会、明後日から第46回全日本大会です。   昨年の大会をふり返ると、私自身が少し入れ込み過ぎていたようにも感じます。  今年は秋山監督方式の『最後は育てた選手たちに任せた。』でいきたいですね。  できるかな~(笑)

























TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT