PREV | PAGE-SELECT | NEXT

孫子

『戦略の教室』(鈴木博毅著 ダイヤモンド社)を読みました。  

10月4日の私のブログで『孫子』の第五編「兵勢」を取り上げています。  タイトルは『勇怯・強弱は状況の所産に過ぎぬ』でした。

『孫子』は今から2500年前の古代中国・「呉」の将軍・孫武が書いた戦略書です。  本書でも『孫子』に関する記述がありましたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①紀元前506年に呉は隣国の楚と戦争を行い、孫武の見事な陽動作戦で数倍の敵に勝利。  さらに進撃して5戦5勝、たった10日で楚の首都を陥落させてしまいます。

②『孫子』の第一編「始計」では、次のように書かれています。  『戦術の要諦は、敵をあざむくことである。  たとえば、できるのにできないふりをし、必要なものを不要とみせかける。  遠ざかるとみせかけて近づき、近づくとみせて遠ざかる。  有利とみせて誘い出し、混乱させて撃破する。  (中略)  敵の弱みにつけこみ、敵の意表を衝(つ)く。  これが戦術の要諦である』

③孫武は、強国の楚の戦力を削ぐため、国境に何度もニセの奇襲を行います。  驚いた楚軍が駆けつけると退却する作戦を数年も繰り返したのです。  楚の軍隊はこの陽動作戦ですっかり病弊しました。

④その上、決戦の際には楚軍が防備を固めた陣地に突撃すると見せて、孫武は素通りし、楚の首都に向かうという情報を流します。  予想外のことに慌てて追いかけた楚軍は、決戦の場所に到着したときは疲労困憊で、軍勢の少ない呉軍にさんざんに負けました。

⑤楚軍20万人に対して、呉軍は3万人で勝つ、劇的な勝利を収めたのです。』

②の『戦術の要諦』はそのまま『組手の要諦』でもありますね。   

早いもので明日から12月です。  もっとも、極真会館に40年以上もたずさわっていると、「全日本大会が終わればすぐ年末・年始」という感じがしみついていますが(笑) 

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT