PREV | PAGE-SELECT | NEXT

真面目な人は長生きする

『真面目な人は長生きする』(岡田尊司著 幻冬舎新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①〝良心的な〟〝真面目な〟人が長生きするという意外な事実に対して、フリードマンたちは、その原因分析を行っている。

②考えられる第一の理由は、真面目な人は健康を守ることに怠りなく、有害で危険なことをあまりしないということだ。  実際、真面目な人は喫煙率も低く、過量に飲酒することも少ない。  薬物を乱用したり、無謀な運転をすることもあまりない。  

③こうしたことから、さまざまな生活習慣病のリスクを下げることができると考えられる。  また事故死など、不慮の死の危険も減るだろう。

④第二の理由は、真面目な人がもつ遺伝的要素には、そもそも病気になりにくい特性が備わっている可能性があるということだ。  そうした遺伝的特性として、フリードマンらが推測している仕組みの一つが、セロトニンシステムである。

⑤セロトニンは脳内の伝達物質であるが、セロトニンの働きが弱いと、衝動的になりやすいことが知られている。  また、セロトニンの働きの低下は不安やうつと関係している。

⑥衝動性のコントロールがうまくできる人は、セロトニン系の働きが良く、危険な行動や耽溺(たんでき・・・不健康な遊びにおぼれること)的行動にも走りにくく、さまざまな危険を避けられるだけでなく、ストレスや不安レベルが低く、病気にかかりにくいのではないかという推測も成り立つだろう。

⑦そして、第三の理由として考えられるのは、真面目で自己コントロールのできる人は、健康的な生活環境を手に入れやすいということである。  実際にこのタイプの人は、より安定した職業生活、より安定した結婚、より安定した対人関係を長く保つ傾向がみられる。  それによって波乱を避け、生活の安定を維持し、無用のストレスを減らし、間接的に健康を守り、結果的に長寿に寄与するということになるのだろう。


2.①愛されることや世話をされることよりも、愛すること、世話をすること、人の助けになることが生存を守るということが、理論ではなく事実として、しかも80年という長期に及ぶデータによって裏付けられたことは大いなる救いを与えてくれているように思う。  (中略)

②実際、(フリードマンの研究の基になった)ターマンの研究の対象者の中でもっとも長寿を享受したのは、人に優しく接し、思いやりがあり、進んで人の助けになろうとした人たちであった。  エゴイスティックに自分の利益だけを優先し、思いやりや親切心に欠けた人は長生きできなかったのである。』

今年もあと10日になりました。  早いな~。

来年も、自分だけでなく周りの人たちがより幸せになれるよう、真面目に生きたいと思います。  それで長生きできるなら、こんなに良いことはありません(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT