PREV | PAGE-SELECT | NEXT

3つの進化過程、森大夢

1.『運を支配する』(桜井章一・藤田晋著 幻冬舎新書)を読みました。  藤田さんが書かれた部分から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①以前、ネット上の誰かの発言で、ビジネスマンには3つの進化過程があると書いているのを見かけました。

②最初は「自分を相手にどう見せたいか」。  これは一番レベルが低い。  自分のことにしか目がいっていないので、プレゼンで何かを伝えたい、売り込みたいと思っていても、相手には何も伝わりません。

③そこから一つ進化すると、今度は「相手の立場を想像」し始めます。  

④さらに進化すると、「相手から見た自分を想像」できるというのです。

⑤プレゼンを聞くと、そのビジネスマンが3段階のうち、どのレベルにいるのかが一目瞭然です。  まず長い時間、一方的に話す人は間違いなく「自分を相手にどう見せたいか」というレベルにとどまっています。  (中略)  ひたすら自己満足の世界にいるので、相手に言葉は届いていません。

⑥次に相手が何を望んでいるのかヒアリングに力を入れながら、それに応えるようにプレゼンする人は第2段階です。  相手が何を望んでいるのか想像しようと努力しているということです。

⑦さらに第3段階の力がある人になると、相手の立場を想像した上で、自分に何を期待しているのか、自分のことをどう見ているのかを想像し始めます。  そういった人は常に相手から見て心地よい存在となります。』

この内容は組手の進化過程と一緒だと思います。  最初は「自分が相手にどう攻撃したいか」、次に「相手が自分にどう攻防してくるかを想像」する、最後に「相手が自分の攻防をどう想像しているかを想像」できる、ということです。

2.①昨日は西東京都大会でした。  一般・中量級は森大夢が決勝でベイ・ノア選手に本戦・判定勝ちで優勝しました。  

②ベイ・ノア選手はラッシュが得意でトリッキーな技も時々見せます。  2回戦で亘和孝が対戦し、ラッシュからの胴廻し回転蹴りで一本負けしています。  

③大夢も和孝も正攻法の組手です。  正攻法タイプがラッシャータイプに勝つには相手にラッシュさせないような威力のある攻撃が必要になります。  大夢の場合は強い下段廻し蹴りがあったのでベイ・ノア選手のラッシュを止めることができました。  

④和孝は得意とするショートレンジの突きが、相手の長いリーチによるラッシュで抑え込まれ、結局相手ペースの試合になってしまいました。  ロングレンジの攻防にも対応できるよう、蹴りの強化が望まれます。  

⑤今年、法政大学を卒業する森大夢は浜井良顕や大西靖人が作った法政大学同好会を復活させてくれました。  法政大学同好会は初期の城西を支えてくれただけに私としても思い入れがあり、大夢には感謝しています。

⑥ヒロム、優勝と卒業オメデト~!

※余談ですが、亘和孝が今年高校を卒業して法政大学に入学するそうです。  何か不思議だな~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT