PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ねたみ強い男性

6月8日の朝日新聞に脳科学者の中野信子さんのインタビュー記事が載っていました。  タイトルは『脳から考える 男女の差 起業の差』で、副題が『ねたみ強い男性 男女混ぜれば緩和』です。  抜粋して紹介します。

『 ――いまの日本の政治や会社では、男性が幅を利かせています。  そもそも、男と女の脳に、違いはあるのでしょうか。

 「男のほうが背は高く、筋肉量は多い。  女のほうが背は低く、肌はきめ細かい。  脳も身体の一部ですから当然、差はあります。  たとえば脳には左耳の上あたりに『上側頭溝』があり、コミュニケーション能力をつかさどっています。  男と女を比べると、女が大きい。  お話をしたり、空気を読んだりという気質は、女が高いと言えます」  

(中略)

 ――感情に、男女差はありますか。

 「カナダの研究者らによると、神経伝達物質のセロトニンの合成能力は、男は女より52%高く、脳内の濃度は高くなりやすい。  セロトニンが多いと安心感を覚え、減ると不安になります。  将来予測をすると、男よりも女が暗く、厳しくなる傾向があります」

 ――男はイケイケだけれど、女は慎重ということでしょうか。

 「繰り返しますが、統計的にみれば、ということであって、個人をみれば男でも慎重な人がいる。  女でも不安感を持たずに挑戦する人がいます。  そこは、勘違いしないで下さい」

 ――注意します……。  会社なら投資部門は男性を増やし、将来予測を保守的にみたほうがよさそうな財務部門は、女性を増やせばいいのかもしれませんね。

 「組織運営の一つとして、そんな考え方があっていいのかもしれません」

 ――脳科学的には、リーダーは男と女、どちらがいいですか。

 「時代や経済環境でいちがいには言えないです。  英科学雑誌ネイチャーに2006年に載った論文によると、ねたみ感情は男のほうが強くなる。  外部との争いがなく、組織をまとめるときのリーダーは、男性にあまり向いていないでしょう。  『あいつは同期なのになぜ社長なのか』といった感情が生まれると、組織はばらばらになります。  男同士では組織内で足の引っ張り合いが起きかねません。  性別が異なるほうが、ねたみは少ない。  男性と女性を交ぜたほうが、組織内の対立は緩和されるでしょう」

 ――男同士の対立は、より陰鬱(いんうつ)ということですか。

 「もちろん女にもねたみ感情はあります。  女性が多い看護師の世界であれば、男性が入った方がうまくいくのではないでしょうか」

 ――国によって違いますか。

 「たんぱく質の遺伝子に注目すると、セロトニンを有効利用しやすい組み合わせを持つ人は、日本人では3%、米国人では32%という研究があります。  セロトニンが多いと不安感情が和らぎますので、リスクがあっても怖がらず、挑戦しやすくなります。  米国人は日本人の約10倍も挑戦的な人がいると推察できます」

 ――日米間にある起業率の大きな差も、このセロトニンが要因ですか。

 「一つの要因かも知れません。  日本は地震や風水害の激甚災害が多く、リスクがある。  織田信長のようにリスクを取っていく人は長生きできず、徳川家康のように慎重に行動する人は長生きする、と言えます。  一方、北米や南米は移民が多い。  リスクを冒して新大陸に移民した人が多く、セロトニンをうまく使える人の比率が高かったのかも知れません」

 ――日本人にベンチャー企業は難しいということでしょうか。

 「難しいでしょう。  しかし、日本人は一度生まれた企業を大切に育て、長く生かしていくことには、ひょっとしたら向いているかも知れません」』

『ねたみ感情は男のほうが強くなる。』んですね。  そういえば昔、ある会長が『男を語る職業(に携わる人)ほど女々しい』って言ってたな~(笑)




TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT