PREV | PAGE-SELECT | NEXT

本山博先生『人生の探求』

本山博先生と渡部昇一先生との対談集『霊の研究 人生の探求』(致知出版社)を読みました。  本山先生については2009年10月7・8日のブログでも、稲盛和夫さんとの対談集『人間の本質』(PHP研究所)を取り上げたことがあります。  抜粋して紹介します。

『1.渡部・・・霊的な成長とか霊的な修養をするためには、人の役に立つ、自分の仕事を成就させるというほかに、どういうことがありますか。

本山・・・夢中になることですね。  自分を忘れて仕事になりきれるような人でないと仕事はできないです。

渡部・・・そのときに、霊的な成長があるんですか。

本山・・・それで自分がなくなったらね。  神様は、自分に枠があったら枠の中でそれが成り立つように動いてくださるけれど、枠がなくなったらいつでも神様のところに行けるんです。  だから自分を忘れるほど夢中になれる人は、ものができる人ですよ。  
 
 そういう人は、信仰はなくても、神様が何かわからなくても、人間の存在の小ささというものに触れられる。  そうすると、自然に何かを信じるようになるんです。

 だから、何も「神様、神様」とお祈りすればいいわけではない。  御利益(ごりやく)信仰(・・・御利益を求めて信仰すること)というのは、自分を持ったまま神様と取引しているから、霊的な成長は起きないですね。


2.渡部・・・砂漠の中で瞑想なんかしている聖人もいたわけですね。  瞑想しているだけでそれを(人に)説かなければ、あまり人の役に立たないわけですが、そういう人の霊魂はどうなのでしょうか。

本山・・・瞑想して本当に自分が瞑想になりきって、神様のほうをいつも向いて自分をすべて神様に任せていれば、砂漠であろうとどこでも同じですよ。

渡部・・・人の役に立とうなんてことは考えなくていいわけですか。

本山・・・自然に人の役に立つようになっているのですよ。  というのはね、人の役に立つというのは、何かをして役に立つのではなくてもいいわけです。  たとえば、机は「わしがみんなを支えているぞ」とはいわないと思うけれども、役に立っているでしょう。

 そういうふうにすべてを神様に任せて自分の役割を淡々と果たしていけば、必ず霊的成長が起きているんです。  一生懸命に自分のするべきことをする。  いつも真剣に取り組んでいれば、それでいい。  そういう心がけで生きていけばいいですよ。  そうすればこの世界でも成長できるし、霊性も高まるんですよ。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT