PREV | PAGE-SELECT | NEXT

道徳

『新しい道徳』(北野武著 幻冬舎)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「食い物が旨いとか不味いとかいうのは下品だ」  母親にそういわれて育ったせいで、俺にもそういう感覚が染みついているけれど、その「道徳」を他人に押しつけるつもりはない。  自分の子どもにだって、そんなことはいわない。

②道徳は他人に押しつけたり、押し付けられたりするものではないのだ。  もちろん親として、自分の子どもに最低限の道徳は身につけさせたいとは思う。  ただ、それはあくまでも最低限のことだけだ。  (中略)

③最低限のことしか教えないのは、どんなに厳しく道徳を躾けたところで、子どもが自分からそう思わなきゃ意味はないからだ。  結局のところ、道徳は自分で身につけるものなのだ。  どんな道徳を身につけるかは、人によって違うだろうけれど。

④たとえば、俺は弟子にも最低限のことしかいわない。  理由は同じだ。  最低限というのは、あいさつと礼儀だ。  芸人の社会は縦社会だ。  自分より先にこの世界に入った人は先輩として立てなくてはいけない。

⑤それから相手がいくら年下でも、仕事をする以上は最低限の礼儀がある。  テレビの制作現場では、若いADがディレクターやプロデューサーにこき使われている。  そのディレクターやプロデューサーは、俺たち芸人のことを大事にしてくれる。  

⑥それで、ときどき勘違いする弟子がいる。  自分まで偉くなったつもりで、ADにぞんざいな口をきいたりする。  そういうことだけは絶対にやっちゃいけないよ、と教える。  それくらいの必要最低限のことを教えたら、あとは放っておく。  冷たいようだけど、それ以上は本人が努力するしかない。

⑦不思議なもので、成功する芸人は例外なく、あいさつをきちんとするし、それなりの礼儀もわきまえているものだ。  人当たりもいいし、ADに横柄な態度をとることもない。

⑧芸人には芸人の道徳ってものがあるわけだけれど、それを細かく教える必要はないし、教えたってなかなか身につくものじゃない。  ところが、向上心があれば、そういうものは自然に身につく。

⑨芸人に限らず、どの世界でも成功する人間は、だいたいそういうものだろう。  人間社会の中で、上に行こうとするやつは、放っておいても道徳的になる。  そうでないと、上には行けない。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT