FC2ブログ

セミコンタクトルールと実戦性

昨日は所沢市民体育館でセミコンタクトルール首都圏交流試合です。  閉会式で『セミコンタクトルールと実戦性』について話をしました。  補足して書いてみます。

1.セミコンタクトルールは実戦性が低いのか

最近、「セミコンタクトルールは今までのフルコンタクトルールに比べて実戦性が低いのではないか」という記述を目にしました。  私は「セミコンタクトルールは極めて実戦性の高いルールである」と考えています。


2.フルコンタクトルールの導入

①格闘技には空手のような打撃系格闘技と、柔道のような組技系格闘技があります。  実戦を考えた場合、打撃系格闘技の技術で最も有効なのは手による顔面攻撃と足による金的攻撃です。

②攻防の技術を高めることにおいて、試合形式の導入は欠かせません。  その場合、足による金的攻撃は安全性の観点から排除されることは当然です。

③極真空手の創始者である大山倍達総裁が、それまでの攻撃を当てない試合ルール(ノンコンタクトルール)を否定し、実際に当て合う直接打撃制ルール(フルコンタクトルール)を提唱しました。  ただし、素手で戦った場合の顔面攻撃はあまりにも危険であるため、手による顔面への突きは反則としたのです。

④今年で全日本大会は50回となりますが、それ以前の大山道場時代は手にタオルを巻いたりして、顔面を実際に当てる組手が行なわれていました。  私は47年前の第3回大会の年に入門しましたが、道場の組手では顔面への牽制や頭突きなどの技術が残っていました。


3.フルコンタクトルールの弊害

その後試合ルールが浸透する中で、手による顔面攻撃がないことを前提とした以下のような弊害が見られるようになってきました。

①手による顔面攻撃がないため、本来あるべき(相手との)間合いがまったく無視され、胸をつけ合うような間合いまで不用意に入って攻防が行なわれる。

②手による顔面への的確な攻撃やその防御に関する対応力が極めて低い。


4.セミコンタクトルールの導入

①顔面の攻防の試合形式については、素手で直前に留める「寸止め」と、グローブや面をつけて実際に叩き合う「直接打撃」が考えられます。  極真会館のように組織的に老若男女が試合に多数参加することを前提とすると、脳障害の予防などの安全面からは「寸止め」にすることが最良だと思います。

②6月に大阪で行われた、「セミコンタクトルール全国交流大会」に続き、2回目の試合でしたが参加選手の技術レベルが順調にアップしているように見えました。

③選手がフルコンタクトルールとセミコンタクトルールの両方の技術を磨くことによって、バランスのとれた打撃系格闘技の技術を身に付けることができると、昨日の試合を見ながら私は確信を持ちました。


5.私の抱く将来像

①将来的にはフルコンタクトルールとセミコンタクトルールと型の三部門で優勝するグランドチャンピオンが出てくることを期待しています。

②そしていずれ、WKFルール(ノンコンタクトルール)で行われるオリンピックの空手競技の金メダリストが、極真会館から出れば最高ですね。

TOP↑

アリババ創業者の引退

ソフトブレーン創業者・宋文洲さんのメルマガ『論長論短』は、このブログで何度も紹介しています。  一昨日配信分のタイトルは『アリババの創業者が引退するが』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①9月10日は中国の「教師の日」です。  偶然にもこの日はアリババ創業者馬雲氏の誕生日です。  先日、54歳の誕生日に、馬雲氏はアリババ広報を通じて引退宣言を発表しました。  「満55歳の来年の今日に会社を引退する」と。

②しかし、当の馬雲氏は9月10日にロシアで54歳の誕生日を迎えました。  ロシアで開催される東方経済フォーラムに出席するためです。  このフォーラムに日本の安倍総理も出席しプーチン大統領と会談を行いました。

③翌日の11日、プーチン大統領がロシア菓子を食べていた馬雲氏を見つけて聞きました。  「馬雲さん、あなたはまだ若いのになぜ引退するのですか?」

④馬雲氏は答えました。  「大統領、私はもう若くないのです。  昨日ロシアで54歳の誕生日を過ごしました。  創業から19年間は確かにある程度仕事をしましたが、私には他にも大好きな仕事がたくさんあります。  例えば教育事業と公益事業などです。」

⑤「あなたは私より若い。  私はもう66歳ですよ。」  プーチン大統領は笑いながら拍手しました。

⑥馬雲氏が来年の誕生日にCEOを引退する時、アリババはちょうど20周年を迎えます。  たった19年間で杭州師範大学を卒業した英語教師の馬雲氏は時価総額4560億ドル(46兆円)の中国一位、世界七位の会社を作り上げました。

⑦馬雲氏の引退声明では「この決定は10年前から慎重に考えそして準備してきた。  私は受けた教育のお陰で教師になった。  今日に至って私は本当に幸運だった・・・  私にはまだ多くの夢がある。  教育に戻って好きなことをすることによって私は興奮と幸福に満ちるだろう。  私はまだ若い、他にも試したいことがある。」

⑧この引退声明に合わせてプーチン大統領との会話を吟味すれば馬雲氏は経営がそれほど好きではないことが分かります。  時代が彼をカリスマ経営者の座に押し上げたが、彼の内心は幸福ではなかったはずです。  天職の教育事業や好きな公益事業など、好きなことをやりたい気持ちは本物でしょう。

⑨スケールはまったく比較になりませんが、私も経営が好きではありませんでした。  偶然に始めたビジネスが時代の流れに乗って拡大していきましたが、「いつまでもこんなことをやりたくない」と自分の心が定期的に言っていました。  我慢していればそのうち好きになると思っていましたが、時間が経つに連れて好きになるどころか、引退したい気持ちがどんどん強くなっていきました。  (中略)

⑩私は42歳の時に経営から引退しました。  その時には既に最新の技術についていくのが苦しかったです。  頑張ればそれなりにできたのでしょうが、好きでもないことに執着するよりも、若い世代にバトンを渡したほうが自分のためにも日本の社会にもよいことです。

⑪若い世代の後ろに立ち、教育事業と公益事業に転換した馬雲氏は、中国の企業家達に良い手本を見せたのみならず、今まで以上に中国と世界に貢献してくれるでしょう。』

⑦の「教育に戻って好きなことをすることによって私は興奮と幸福に満ちるだろう。」という馬雲さんの言葉には感銘を受けました。

私自身の経験から言っても、「好きではないこと」を「努力する」より、「好きなこと」に「夢中になる」方が幸せですし、パワーと成果が出ます。

明日は審査会、今週末はセミコンタクトルール首都圏交流試合と続きます。  でも、涼しくなってきたので、だいぶ楽ですね。

TOP↑

ストレッチとラジオ体操、特異性の原理

1.登山家・スキーヤーの三浦豪太さんが毎週土曜日の日経新聞夕刊に「探検学校」というエッセイを書かれており、私のブログでも何度か紹介したことがあります。  8月25日のタイトルは『体操とビル登り』です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①夏山シーズンになって、注目している体操がある。  登山の運動生理学の権威である鹿屋体育大学の山本正嘉教授が考えた、登山のための「山登りずむ」体操だ。  

②軽快なリズムに乗りながら登山をデフォルメした動きをこなす体操で、3分くらい続けると軽く汗ばむ。  最初はラジオ体操のつもりで面白半分にやっていたが、しっかりやると意外に難しい。

③片足でバランスをとりながら上半身を動かす。  リズムの変化や大きな動きがある。  ストレッチをしながら、体のバランスを保つポジションが求められる。  1つの動きに必ず複数の要素が絡むのだ。

④2カ月前に体力測定のため父の三浦雄一郎と僕が鹿屋体育大を訪れた際、「山登りずむ」について山本先生にいろいろと尋ねてみた。  先生がこの体操を考案するにあたって着目したのが、デュアルタスクと呼ばれる複数の動きを組み合わせた複雑な運動。  これによって、実践的な運動神経系を活性化することができるという。

⑤一般に、準備運動と称してひろく行われている筋肉を伸ばすことだけを目的としたストレッチは、けがの防止にほとんど役に立たないことがいくつかの研究から明らかになっている。  それよりも筋肉を動かし、血流の流れをよくし、筋肉をつかさどる神経を活性化するほうがよほど効果があるという。  

⑥「山登りずむ」はもちろん、従来の朝のラジオ体操も、単なるストレッチと比べてよほど実践的な準備運動だといえる。』

④の「デュアルタスクと呼ばれる複数の動きを組み合わせた複雑な運動。  これによって、実践的な運動神経系を活性化することができるという。」は私も意拳などの稽古を通して実感しています。

また、⑥の「従来の朝のラジオ体操も、単なるストレッチと比べてよほど実践的な準備運動だといえる。」には驚きました。  

トレーニング理論も日進月歩なので勉強しつづけなければなりませんね。

ちなみに、「山登りずむ」体操は「登山体操 山登りずむ」で検索すると動画を見ることができます。  参考にして下さい。


2.同じく9月8日のタイトルは『特異性の原理』です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。
 
『(1)①(前略)僕はこの3カ月間、トライアスロンレース「HAYAMAN」に出場する息子のトレーニングにもつき合った。  9日に葉山で開催されるこのレースは、逗子の大人も子供も参加する地域の一大イベントだ。  

②水泳、パドルボード(サーフボードを両手でこぐ)、ランで構成されている。  走るだけなら伴走したり教えたりできても、泳ぎやパドルは僕の専門外。  

③その不足は、息子の通っている「トビウオクラブ」のコーチがほかの子供たちとの合同練習のなかで補ってくれた。  一緒に練習してみると、水泳と慣れないパドルで息が上がったあとに走るのは思ったより辛い。


(2)①トレーニングには過負荷、特異性、可逆性の3原理というものがある。  

②普段の身体活動よりもきつい負荷を加えなければ効果を得られない。  これが過負荷の原理である。

③トレーニングはその種類によって効果が異なり、鍛えた部位や動作にのみ効果があらわれる。  これが特異性の原理。

④トレーニングで得た効果はトレーニングをやめると失われる。  これが可逆性の原理。  


(3)①今回、僕は2つ目の「特異性」を強く実感した。

②水泳、パドル、長距離走はすべて登山と同じ持久系の運動だが、いずれも体力があればこなせるというものではなく、それぞれに特異性がある。  使う筋肉、技術、何よりも考え方に違いがあり、一筋縄ではいかない。  

③マラソンが速くても、高所登山ではゆっくり登るお年寄りに追い越される。  山では機敏に動ける僕が、泳ぎでは小学生に抜かれてしまう。  

④登山のために他のスポーツで鍛えるのもいいが、山に強くなるには小さな山でも登り続けることだ。  それが無理なら、荷物を持ってビルの階段を上り下りすることをお勧めする。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT