成功・幸福感・幸福

『成功ではなく、幸福について語ろう』(岸見一郎著 幻冬舎)を読みました。  「第1章 成功と幸福」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.幸福感と幸福

①(戦前の哲学者)三木清は幸福感と幸福は違うといっています。  例えば、薬を使ったり、あるいは、お酒を飲んで酩酊状態に陥り、気分がよくなるのは、幸福ではなく幸福感です。

②世の中のことを考えても、非常に耳に心地のよいスローガンを声高に叫ぶ人がいます。  皆で、守り立てようと盛り上がる。  そういう時、高揚感、幸福感がありますが、はたしてそういうものが幸福といえるのかというとこれも疑わしい。

③たしかに、その時は気持ちよかったけれども、後で考えたら本当にそれでよかったのだろうかと思うことがあります。  そんな高揚感に浸っている間に、世の中が自分の思ってもいない方向に進むということはよくあります。  ですから、幸福と幸福感とはまったく違うということを知っていなければなりません。


2.成功と幸福

①三木は、「成功と幸福を、不成功と不幸を同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった」といっています。  

②たしかに、そのあたりのところを私たちは無反省に受け入れていて、例えば、よい学校に入ってよい会社に入り、裕福になることが幸福だと考える人がいますが、三木はそれは成功であって、幸福ではないといっているのです。

③何が違うかというと、まず、幸福は各自においてオリジナルなもので、質的なものです。  他方、成功は一般的なもの、量的なものです。

④幸福は各自においてオリジナルなものであるというのは、幸福はその人だけに当てはまるのであり、その人にとっては幸福であることでも、他の人にとっては、幸福であるとは限らないということです。  (中略)

⑤二つ目は、幸福は存在に関わり、成功は過程に関わるということです。  三木によれば、成功は進歩と同じく直線的な向上として考えられます。  他方、幸福には本来、進歩というものがないことを指摘しています。

⑥幸福は存在だというのです。  過程ではありません。  今をこうしてここで生きていることが、そのままで幸福であるという意味です。  どういうことかというと、幸福であるために何かを達成しなくてもいいということです。

⑦しかし、成功はそうではありません。  よい学校に入らないといけない。  そして、よい会社に入らないといけない。  そういうことを達成しなければ成功したとはいえないと考え、成功と幸福を同一視している人にとっては、成功していない今は幸福ではないことになるわけです。  

⑧しかし、人は何かを経験したから幸福になるのではありません。  逆に、何かを経験したから不幸になるものでもありません。  幸福については「なる」という言葉は使えないのです。  つまり、私たちは幸福に「なる」のではなく、幸福で「ある」のです。  (中略)

⑨目標を達成したら幸福になれると思っている人がある目標を達成したら、その目標を達成した途端に、また新しい目標を作り出します。  蜃気楼のように、いつまで経っても幸福に到達することはできません。  そのような人は幸福を成功と混同しているのです。』

TOP↑

I.K.O.セミコンタクトルール2018全国交流大会

昨日は大阪で「I.K.O.セミコンタクトルール2018全国交流大会」が開催され、城西から6人の選手が参加しました。  以下は入賞した選手についてのコメントです。

①奥寺勇輝(18歳~34歳男子-70㎏級・優勝)・・・素質・組手のタイプ的にセミコンに向いているのだと思います。  奥寺の伸びやかな蹴りがセミコンルールでも活きました。  1回戦を終えた時点で上段突きからの残心(引き手)の動作が小さかったので話をしました。  2回戦以降はある程度修正されましたが、蹴りと同様な伸びやかさが突きにも発揮されたら、さらに良くなると思います。  +80㎏級で優勝したマリオス選手はWKF(寸止めルール)のヨーロッパチャンピオンでもあるそうですが、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。  また、間合いのコントロールができないことによる顔面殴打の反則が数度見られました。  突き全般についての修正が必要です。

②竹岡拓哉(18歳~34歳男子-80㎏級・準優勝)・・・蹴り、特に後ろ蹴りが効果的でした。  準決勝までは素晴らしい動きを見せていましたが、中島千博選手との決勝では攻撃・防御ともに反応が遅かったように思います。  フルコンルールの練習や試合の場面でよく話すことですが、「組手は会話」です。  相手の攻撃に対して瞬時に防御・反撃する、相手のスキを感知したら瞬時に攻撃を打ち込む、という動作は1対1で行う討論に近いと思います。  相手の会話に対して瞬時に反応し的確な会話を返す、相手の会話内容に矛盾点を見出したら的確に素早くその点を突く、などです。  決勝戦では、この反応スピード・技術力において中島選手に一日の長がありました。

今回チーム城西から少年部の出場者はいませんでしたが、少年部の試合を見るとフルコンとの違いは顕著でした。  少年部の組手試合は1分半程度と短いため、相手と会話するというより一方的にがなり立てるような組手の選手が勝利しがちです。  つまり、相手の攻撃は無視して一方的にラッシュをかける、というような戦い方です。  セミコンルールの導入により、その辺の意識改革が進めば、少年部の選手の組手技術は著しく向上すると思います。

延長戦は無しという限られた時間のなかでのポイントの取り合いは、ハラハラドキドキの連続で、フルコンルールの試合とは違った醍醐味(面白さ・楽しさ)があります。  またフルコンルールの試合会場でよく見られる、ドクターが負傷した選手の元に駆けつける、といった場面もほとんど見られませんでした。  安全性の観点から、打撲を含むケガが少ないこともセミコンルールの魅力ですね。

選手・セコンド・応援の皆さんお疲れ様でした。

TOP↑

軍事を知れば日本史がわかる

前回のブログで、『日本史の内幕』(磯田道史著 中公新書)の中から次のような記述を紹介しました。

『日本がアメリカに戦争を仕掛けたときの、日米のGDP差は1対4.5。  工業力ではもっと差が大きかったから、これは無謀である。  (中略)  この島国(日本)の世界シェアに占める人口ピークは1700年、軍事ピークは日露~満州事変、経済ピークは購買力平価で中国よりGDPが大きかった1970~2000年頃でもう過ぎた。  そして、この国はもはや大国と軍事対決できる経済的実力はない。』

今回は『日本史のツボ』(本郷和人著 文春新書)の「第四回 軍事を知れば日本史がわかる」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①まず軍事を大きく戦術、戦略、兵站の三つに分けることにしましょう。  個々の合戦や城郭のあり方、陣形の敷き方などに当たるのが戦術ですが、これはその時代の技術力と深く結びついています。  (中略)

②戦略はまさに政治、外交に近接しています。  たとえば戦争をするにしても、何のために戦うのか、誰とは戦い、誰とは同盟を結ぶなどして戦わずに済ませるのか、、どうやって終わらせるのか、といった問題に直面する。  これらはすべて政治問題であり、外交問題でもある。

③さらに兵站=ロジスティックスとなると、今度は経済と密接に関係します。  兵站とは一言でいえば「いかに兵隊さんを食わせるか」。  人を抱え、彼らに必要な装備を与え、十分に食べさせて養わなければならない。


2.①(戦争に)勝つために必要なものは何か。  これは古今東西を問いません。  第一は、敵を上回る兵力。  第二は優れた装備。  第三が大義名分です。  (中略)

②第二の優れた装備を整える上でも重要なのは経済力+情報力です。  これは戦国時代の鉄砲隊を考えればすぐわかります。  まず大量の鉄砲、弾薬を買い集める経済力と、そもそも鉄砲という新兵器の情報、その運用に関する知識などが揃って、はじめて大きな効果を発揮するわけです。  (中略)

③太平洋戦争の失敗は、第一の兵力、第二の装備を支える国力で、圧倒的にアメリカにかなわないことが分かっているのに、第二の装備を零戦や戦艦大和などの一点豪華主義で突破し、あとは奇襲などの戦術と、日本国民へのプロパガンダ=思想戦で乗り切ってしまおうと考えたことにあると思います。  (中略)

④その点では、「富国強兵」をモットーにした明治政府の方が、国を豊かにしなければ兵は強くならないという軍事の本質をきちんと踏まえていたといえる。  


3.軍事政権というと、いまの北朝鮮のように、あるいは戦争末期の日本軍のように、国民生活を犠牲にして、とにかく軍事力だけを増強するというイメージがあるのですが、本当に国を強くするためには、それでは駄目なんですね。  民を豊かにして、内政、外交に力を入れ、さらに軍事力を政治的にコントロールできなくては本当に強くはならない。  これが歴史の教訓なのだと思います。』


明日は午前中から審査会です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT